こんにちは $LAST_NAME$$FIRST_NAME$

HOME > 特集一覧 > 「Oleiva」チュニジアの伝統的なオリーブオイル

2019.11.29

「Oleiva」チュニジアの伝統的なオリーブオイル

topics

topics1

Oleiva / オレイバ
チュニジアの伝統的なオリーブオイル

良質なオリーブオイルの原産国として有名なのは地中海地方の国々。なかでも皆さんが一番最初に思い出すのはイタリアではないでしょうか?実は同じ地中海地方でもチュニジア原産のオリーブオイルは最も輸出量が多いのだとか。それなのに、オリーブオイルの原産国として、日本ではチュニジアを思い出す人はほとんどいないのではないでしょうか?それもそのはず、チュニジアから直接日本に輸入されているオリーブオイルは、今までほとんどありませんでした。チュニジアから一旦、欧米諸国に輸出され、別の国でパッケージにアッセンブルされたオリーブオイルは、その国の原産として発売され、日本にも届きます。なのであまり日本では馴染みがありませんが、チュニジアのオリーブオイルは、本場ヨーロッパでも認められた質の高いオリーブオイルなのです。そんなチュニジア産オリーブオイルの中でも、当社が惚れ込んだブランドがこの「Oleiva / オレイバ」。チュニジア産オリーブオイルを是非お試しください!

 

topics3

Oleiva / オレイバ
エクストラ バージン オリーブオイル

アイテム詳細はこちら

 

 

topics2

Oleivaの歴史と伝統

地中海地方とオリーブのかかわりは古く、オリーブオイルの文化は、紀元前まで遡ります。
チュニジアには、チュニス湖東岸にあった古代都市国家カルタゴのフェニキア人によって中東からもたらされました。カルタゴ人、ローマ人、アラブ人、それぞれの文明において、独自のオリーブ栽培ノウハウは何世代にもおよび受け継がれてきました。チュニジアにおいてもその栽培ノウハウは伝承され、現代に息づいています。
チュニジアは現在、Chemlali、Weslati、Chetouiなど複数の地元の品種を栽培し、最大のオリーブオイル生産国の1つです。
Oleivaの生産者であるSlama ファミリーは、2000年の伝統を継承する生産者です。ファミリーのオリーブ畑は歴史的な街ケルアンとタラの高地にあります。これらの土地は何世代にもおよび保護され、誇らしげに伝えられています。
優れた技術により栽培、収穫されたオリーブの実は、圧搾、瓶詰めを通して、地中海の伝統と健康的な栄養をもたらす、高品質なオリーブオイルとなりました。

Oleivaは単なる普通のオリーブオイルではありません。チュニジアのオリーブの木から丁寧に手摘みによって収穫された実は、すぐにコールドプレスされ、地中海の純粋でフルーティーな味のエキストラバージンオリーブオイルが生産されます。
世界中で数々のメダルを獲得したOleivaは、現在さまざまな国で販売されており、ついに日本に進出しました。

 

topics4

●チュニジアの伝統的なオリーブの木から収穫し、厳選したオリーブのみで作られたオリーブオイル。

●最高の品質と味のためのコールドプレス製法

●すべて100%エキストラバージンオリーブオイル

●豊富なポリフェノール含有量による、健康への効果

●さまざまな料理に使用できるフルーティーでピュアなフレーバー

●世界オリーブオイルコンペティションのニューヨーク大会とロサンゼルス大会の2大会で、銀メダルを受賞

 

topics5

世界におけるチュニジア産オリーブオイル

2015年度の国際オリーブ協会(IOC)の統計調査によると、チュニジアはオリーブオイル生産国として世界第2位、オリーブオイル輸出量では世界第1位となっています。また、オーガニックオリーブオイルに関しても生産量世界第1位です。全農産物栽培面積の30%以上がオリーブに使われており、オリーブの樹の保有数でもチュニジアは世界第2位を誇っています。日本ではチュニジア産のオリーブオイルをあまり見かけませんが、イタリア産やスペイン産のオリーブオイルに、チュニジア産がブレンドされているケースが多くあります。そのため、近年チュニジア政府は自国ブランドを確立させるべく、自国製ボトルでの出荷を推進するようになりました。政府や生産者の努力により、ヨーロッパはもちろん、アメリカでのチュニジア産オリーブオイルの評価も年々高まっています。

 

topics6

オリーブオイルの健康効果

生活習慣病を引き起こす原因とされている活性酸素に対して、オリーブオイルに含まれているポリフェノールは抗酸化作用をもっており、活性酸素を取り除く働きがあると言われています。筑波大学とチュニジアの研究機関の共同研究によると、チュニジア産オリーブオイルのポリフェノール含有量はヨーロッパ産のオリーブオイルと比べて、10倍~30倍高いものがあるとされています。これは、チュニジアの半砂漠性気候による厳しい環境が主な要因と考えられています。

 

topics7

品質と卓越性

Oleivは品質に特別な注意を払っています。工場は、良好な衛生環境を尊重し、HACCP原則を適用しています。
製品はすべて、厳格な品質保証と適正製造基準(GMP)の下で製造されています。プロフェッショナルなQCチームが、生産プロセスのすべてのステップに実際に関与し、最終製品の品質を確保しています。

収納室
最大100万トンのオリーブオイルを保存できる最新の貯蔵室。

圧搾室
Oleivaテクノロジーは、2段階の統合システムにより、低温(80.6°F)および連続サイクルでエキストラバージンオリーブオイルを抽出し、使用済みオリーブ(使用済みオリーブと植生水の濃厚な混合物)から分離します。この技術では、デカンタに水を追加する必要がないため、オイルの品質が向上します。高い処理能力が特徴であり、水を節約し、環境への影響を制限するという利点があります。

洗浄室
洗濯室には、毎時8トンの速度で動作する近代的な洗浄機が装備されています。オリーブは、葉、小枝、小石を除去するために洗浄され、選別されます。洗浄、すすぎ、濾過を行った後、
それらはバッチと品種に基づいて貯蔵ホッパーに送られます。

 

topics8

オリーブ畑

主に歴史的な街ケルアンとタラの高地にあるOleivaのオリーブ畑は、父から息子へと誇らしげに受け継がれ、継続的なケアと専門知識によって保護され、栽培されています。

 

topics9

オリーブの品種

サヨリ(Chemlali)
アグラビデスの歴史的な街ケルアンとタラの高地、そして地元ではセリと呼ばれる地域を中心に栽培されているサヨリ(Chemlali)品種は、甘いアーモンドと時には新鮮なリンゴの香りが感じられ、わずかな苦味が特徴です。完全に熟成すると、オイルは甘くなり、フルーティーな味は少なくなり、乾燥したアーモンド風味になります。そのマイルドなフルーティーな風味は、単独で、または他の品種とうまく調和します。

topics3

Oleiva / オレイバ
エクストラ バージン オリーブオイル

アイテム詳細はこちら