こんにちは $LAST_NAME$$FIRST_NAME$

HOME > 特集一覧 > 『換気は日課』サーキュレーターはオールシーズン使える優れもの

2020.5.15

『換気は日課』サーキュレーターはオールシーズン使える優れもの

topics

880_2

こまめな『換気』も新たな日常に

手洗いやうがいはもちろんのこと、しっかり食べて寝て免疫力をつけるなどの対策を心がけるのがもはや日常となり、ライフスタイルにおけるウイルス対策の比重はかなり大きくなってきました。「おうち時間」という言葉も定着し、今後も家で過ごす時間をより楽しく、安全にというアイデアがたくさん出てくることでしょう。毎日の家事の面でもいろいろ気になってくることも多いですよね。例えばお掃除。お家にみんながいる時間が増えると、その分ホコリも溜まりやすく、お掃除の回数も増えてくるかもしれません。お掃除においてはもちろん、ウイルス対策においても大事なのが『換気』。毎日の換気を心がけて、気持ちよくおうち時間を過ごしたいですね。

 

 

換気を『日課』にするのならサーキュレーターを年中フル活用!

今の季節くらいなら、常に窓を開けておいてもちょうどいいかもしれませんが、夏は外が暑くてエアコンの冷気を外に出したくない…。冬は寒くてそんなに頻繁に開けてられない…!なんて思いますよね。そんな時に活躍するのが「サーキュレーター」!!うまく使えば、換気のために窓を開けておく時間を短くできたり、これから来る梅雨の時期には部屋干し対策にも使えたりと、あるとないとでは大違い!扇風機は夏が終わったらしまう。なんてことしなくても、年中出しておいても違和感のないスタイリッシュなサーキュレーターを選んでみては??

880_3

Stadler Form/Peter タワーファン
¥18,700(税込)

気持ち良い自然な風をお届けする、タワーファン“Peter(ピーター)”。高さ110cm の存在感に、幅がたったの13.5cm のスリムボディ!パーソナル冷房としてだけではなく、室内の冷房空気を最適化し、快適な冷却効果を得ることができます。

 


click-here
 

 

 

換気に使って空気循環のスピードアップ!

換気を行なう上で、季節によっては窓などを開けておく時間をなるべく短くしたい時もありますよね。そんな時は、サーキュレーターを窓付近に設置して、強制的に風の流れを作り出してしまいましょう!そうすれば、こまめな換気を『時短』で行うことができますね。

880_1

Stadler Form/Charly スイングファンフロア
¥19,800(税込)
Stadler Form/Charly スイングファン リトル
¥17,600(税込)

ジェット機のタービンをモチーフにしたスイングファン。Charly fanはアルミニウム製の3枚の羽根によって、室内で風を引き起こします。亜鉛合金の重厚なフレームと脚で安定を保っており、スタンドタイプは高さを調節することができます。

 


click-here
 

 

 

置く位置を調整して効率良く活用

エアコン付近にサーキュレーターを設置することで、冷気や暖気を効率よくお部屋に行き渡らせることができます。夏にはサーキュレーターから来る風に冷気が乗ってより心地よく、体感も涼しくなります。冬はお部屋の上部に留まりがちな暖気に向けて風を送ることで、お部屋一帯が暖かく感じられるようになります。また、これからやってくる梅雨の時期は、部屋干しすることが多くなりますよね。なるべく早く乾いて欲しい!そんな時、サーキュレーターの風を送ればいつもより早く乾かすことができます!コツはなるべく真下に近いところから風を当てること。360°どんな向きでもキープできる、StadlerFormのサーキュレーターTimがおすすめです♪

880_5

Stadler Form/Tim
¥7,128(税込)

TimはUSB ケーブル付きで左右・上下に360 度回転、無段階風量調整ができ、コンパクトな卓上ファンはリビング、ベッドルーム、オフィスやレジャーと様々なシーンで活躍します。

 


click-here
 

 


Laundress_click-here
 

 

お部屋の空気をキレイにするには空気清浄機の利用も有効。≫空気清浄機をチェックする
ですが、酸素を含む新鮮な空気を取り入れたければ、やはり換気をこころがけたいですよね。空気を入れ替えて湿気やほこりの滞留を防ぐことが、カビや汚れの予防にもつながり、結果的にお掃除の手間を減らしてくれるかもしれません。換気は健康面で大切なだけでなく、そうじの手間も減らしてくれる、優秀な家事方法なのかもしれませんね♪お部屋の雰囲気に合ったサーキュレーターを選んで、快適なおうち時間の演出に一役かってもらいましょう♪

 

 


Stadler_click-here