こんにちは $LAST_NAME$$FIRST_NAME$

HOME > 特集一覧 > 【疫病封じの神様】かよムーンの「Moon Talk」 5月の占いコラム

2020.5.19

【疫病封じの神様】かよムーンの「Moon Talk」 5月の占いコラム

topics

かよムーン 守護龍占い コラム

ソウルセラピスト
かよムーンの「Moon Talk」
― 5月の占いコラム ―

タイトル7

コロナの終息が見えず、長引いていて、日常生活に影響を受けている方も多くいらっしゃるかと思います。心配なところです。

今月は、疫病を封じる力を持っている神様について書いてみようと思います。


ソウルセラピスト かよムーンの東洋星命術
― 守護龍が教える!5月の占い ―

守護龍占いを見る


1

 

京都の祇園祭というのは知っていますか。こちらは祇園祭のホームページより抜粋した内容です。

↓ ↓


豪壮かつ華麗な祇園祭は、千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。

古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行したとき、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことにはじまります。

祇園祭は、7月1日の「吉符入」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたって各種の神事・行事がくり広げられます。


その昔、現在京都の八坂神社に御鎮座されている「素戔嗚尊(スサノヲノミコト)=当時は牛頭天王(ゴズテンノウ)」という神様が、妻を探すために旅をされた際に蘇民将来(そんみんしょうらい)という名前の家の人が一晩泊めてくださったそうです。蘇民将来は貧乏であったのにも関わらず、粟ご飯を炊いて牛頭天王におもてなしをたそうです。牛頭天王はその心優しいおもてなしをいたく喜び、その後疫病が流行した際に注連縄(しめなわ)に「蘇民将来子孫也(そんみんしょうらいしそんなり)」(現代語「蘇民将来の子孫である」)と書いた紙を貼ったものは疫病から逃れることができる、と約束されました。

 

1-2-1

現在も、祇園祭の時期には八坂神社境内にある疫神社に茅の輪が用意され、お参りができるようになっています。

今年は新型コロナの影響で祇園祭は中止となりましたが、八坂神社の境内ではこの春から疫病守りの茅の輪が設置され、輪くぐりができるようになっています。また、社務所では、「疫病守護」のお札やお守りが売られ始めているようです。

残念ながら、直接参拝しないと郵送などでは購入できないそうですが、今はご自分の安全を優先したほうがよさそうですね。

 

1-4-1

その代わりに、ご自分のお住まいのエリアにある近所の神社の御祭神(ごさいじん)(その神社に祀(まつ)られている神様のこと)を調べてみてください。多くの神社では、ホームページに書かれてある御祭神を見れば、どんな神様がそこに御鎮座(ごちんざ)されているかがわかるようになっています。

素戔嗚尊/須佐之男命/スサノヲノミコトなど表記が様々ですが、スサノオ/スサノヲ / すさのお、という音が入っている神様がいらっしゃる神社でしたら、効力は同じです。また神社の境内に「八坂神社」という名前の摂社末社がありましたら、そちらでも大丈夫です。
※摂社末社…神社の境内にある、本殿とは別の小さなお社のこと。

わざわざ出かけなくてもよい距離にあるようでしたら、ちょっと参拝に行って、「蘇民将来子孫也(そんみんしょうらいしそんなり)」と心の中で呟きながら手を合わせてみてください。その後で、「コロナウイルスから守ってください」などとご自分の言葉で思いを伝えてみるといいでしょう

 

1-5

また、1年以内に八坂神社で買ったお札やお守りを持っている方、スサノオのいらっしゃる神社のお札がある方はお家でも同じことができます。お札に向かってどうぞお手を合わせ、唱えてみてください。

 

蘇民将来子孫也。
早くコロナが終息しますように…

かよムーン

 

 

ソウルセラピスト かよムーンの東洋星命術
― 守護龍が教える!5月の占い ―

EC_6doragon_bana_1

守護龍占いを見る

 


かよムーン「moon talk」占いコラム
~ アーカイブ ~

 

タイトル6

 

特集6

 

タイトル4

 

タイトル3

 

プロフィール
かよムーン
(占い師 / ソウルセラピスト)

宣材写真

東洋占星術、西洋占星術、カラーセラピー、人相、声相など相談者の状況に応じてかけ合わせて読むオリジナルの占術を使用。
また、自然の摂理を取り入れた「自然を生きる、自分を生きる」という独自のスピリチュアル哲学に基づいたカウンセリング話法による鑑定が評判を受ける。

20歳ぐらいの頃から、趣味で独学で占いを研究し始める。
誕生日からはじき出される「本来の性質」を知ることで、自分自身の傾向がわかり、関わる相手の傾向がわかる。それだけでももっと円滑なコミュニケーションが取れるのではないか。占星術への探求のスタートはそんな、人間関係のコミュニケーションツールとして役に立つのではないかといった気づきから始まる。

以後、名前を覚えるように、知り合う人の占いにおける性質を暗記。
その蓄積が20年近く経った頃、偶然人前で占いを披露する出来事が起こる。
鑑定は一晩で反響を呼び、その日に毎月の占いイベントの依頼を受けることに。
イベントは満員となり、ラジオ出演、個人鑑定、イベント出演等の活動をしていくうちに、占い師が職業に。

ミュージシャン、タレント、俳優、など、多くの芸能・マスコミ関係者も鑑定。

2019年11月1日より、「アントレスクエア」 https://www.entresquare.com にて、占いコンテンツ連載開始。
2019年12月1日より、集英社「FLAG SHOP」にて、占いコンテンツ連載開始。

まつながかよ公式ホームページ

 

かよムーンの占いが本になりました。

book_20191206

ソウルセラピスト かよムーン
東洋星命術 ―守護龍占い2020―
サプライズBOOKより

全国のファミリマートにて発売中(一部店舗を除く)
entresquare.comでも同時発売

サプライズブック-バナー