こんにちは $LAST_NAME$$FIRST_NAME$

HOME > 特集一覧 > 湿気が気になるこの季節。除湿機との上手な付き合い方とは?!

2020.6.11

湿気が気になるこの季節。除湿機との上手な付き合い方とは?!

topics

特集1

除湿機で『湿度コントロール』

気温がぐぐっと上がり、日本列島がどんどん梅雨入りしていき、じめじめした季節となりました。こんな季節、そして今だからこそ気になるのがおうちでの過ごし方。お洗濯は乾きにくくなり部屋干しすることが増え、雨だからと窓を閉め切ってしまってもお部屋の中の空気はあまり気持ちの良いものではありませんよね。そこで『除湿機』が活躍してくれるのですが、今年は「ウイルス対策」にも気を付けたいものです。首相官邸オンラインによると、「空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下するため、乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます」と記載があります。つまり、ただ除湿して空気を乾燥させるのではなく、湿度や温度をコントロールすることでより快適に安心して過ごせる空間を作る必要がありそうです。除湿機をうまく使って、じめじめする季節を乗り越えましょう!

 

 

特集2

スイス家電ブランド スタドラーフォームの新商品 除湿機Theo(テオ)

湿気、カビ、結露対策、室内干しにも最適なパワフル除湿機テオ。使い手に配慮したシンプル設計でボタン3つの簡単操作。オン・オフ時間を設定できるタイマー機能のほか、設定した湿度になると停止し、お好みの湿度を保つハイグロスタッド機能を搭載!さらに、タンクの満水を知らせるライトや持ち運びに便利なハンドル付き。洗練されたデザインとコンパクトサイズでインテリアの邪魔をせず、パワフルな除湿力を発揮します。

 

 

梅雨や夏に活躍する除湿機 湿気の多い時期に使うならコンプレッサー方式がおすすめ

梅雨や夏の時期の高湿高温に対して除湿能力が高く、除湿機を長く使っても室温があまり上がらないコンプレッサー方式がおすすめです。除湿機Theoはコンパクトでシンプル設計、スタイリッシュなデザインが特徴的。除湿量は1日5.5Lでパワフルに乾燥します。

 

 

特集3

 

除湿機は室内干しに最適です

除湿機を活用すると、梅雨時期の効率よく部屋干しができ大活躍します。除湿機はお部屋にこもるジメジメ空気をカラっと快適にし、部屋干しの時間を低減できる優れものです。

 

 

特集4

シンプル簡単操作

ボタン3つの簡単操作のシンプル設計。オン・オフ時間を設定できるタイマー機能のほか、設定した湿度になると停止し、お好みの湿度を保つハイグロスタッド機能を搭載。40%、50%、60%でお好みの湿度設定出来て、過剰乾燥を防止します。さらに、タンクの満水を知らせるライトや持ち運びに便利なハンドルなど付きでお部屋のにも最適。洗練されたデザインに加え、小ぶりで省スペースのためインテリアの邪魔をせず、パワフルな除湿力を発揮します。

 

 

 

 

豆知識ですが、暖かい空気ほど水蒸気を含むことができるので、気温(室温)が高いとより湿度を感じやすくなるそうです。同じ50%の湿度でも夏場と冬場では、実は空気に含まれる水蒸気の「量」が違うんですね。だから暑くなるこの季節はじめじめを感じやすい季節ということなのです。『除湿機』やエアコンを上手に使ってお部屋の湿度をコントロールして、過ごしやすい空間を作りましょう。

 

 


click-here