こんにちは $LAST_NAME$$FIRST_NAME$

HOME > 特集一覧 > 【世阿弥に読む運気の捉え方】かよムーンの「Moon Talk 16」 2月の占いコラム

2021.2.15

【世阿弥に読む運気の捉え方】かよムーンの「Moon Talk 16」 2月の占いコラム

topics

かよムーン 守護龍占い コラム

ソウルセラピスト
かよムーンの「Moon Talk」
― 2021年2月の占いコラム ―

世阿弥とは室町時代に大活躍された能役者で、また「風姿花伝(ふうしかでん)」や「花鏡(かきょう)」といった現代にも残る能楽の書を書き記したことで有名な人です。

これらの本は今ではお芝居論としてだけでなく、人生論やビジネス論としても大変勉強になると注目されているようです。

たとえば、初心忘るべからず、や、秘すれば花なり、という言葉も世阿弥がのこした言葉だそうです。

 


ソウルセラピスト かよムーンの東洋星命術
― 守護龍が教える!2021年2月の占い ―

守護龍占いを見る


「風姿花伝」の中に以下の言葉があります。

『また、時分にも恐るべし。去年盛りあらば、今年は花なかるべきことを知るべし。時の間にも、男時(おどき)・女時(めどき)とてあるべし。いかにすれども、能にも、よき時あれば、必ず、また、悪き事またあるべし。これ、力なき因果なり』

占いでは「運気」を読みますが、物事が始まったり、活躍する時期もあれば、休息を取ったり、低迷する時期が誰にもあります。

 

人間は自然の生き物なので、自然界の摂理からの影響を必ず受けています。

自然界の摂理とは、季節を繰り返し巡っていくこと、ともいえます。

例えば、産まれたら成長し大人になり老いて死んでいくこと。植物の場合は、芽を出し伸びて花を咲かせ枯れ落ちていくこと。そしてそれぞれ種を残し、また生命が巡っていくこと。こういった生命のサイクルのその時期の特性を、東洋の占星術では季節に捉えて表現します。

また生命だけでなく、その時々の運勢についても同じような「巡り」があると読んでいます。つまり、運勢は常に栄えているばかりでは、自然の摂理に反してしまって、その命は輝くことができないことを教えてくれています。

 

世阿弥の言う、
「男時」とは、自分側に勢いがある時、
「女時」とは、相手側に勢いがある時、だそうです。

男時を良い運勢の時、女時を悪い運勢の時、ということもできるでしょう。

男時には、きっと楽しさや充実感があり、生き生きと感じるのでしょう。物事がうまく運び、繁栄し成功している時期でしょう。

女時には、苦しさや辛さ、我慢やこころもとなさがあるかもしれません。物事がうまく行かず、頑張っても報われないように感じる時期でしょう。

世阿弥は、この男時と女時を「これ、力なき因果なり」と言っています。

時期というものは誰にでも、何にでもあるものだ、ということだと思います。

実際に世阿弥は若い頃に当時の将軍、足利義満に見出され後援者となってもらい、大役者になったものの、義満が亡くなってしまうと、それまでのように活躍ができなくなってしまい、晩年、佐渡へと島流しに合ってしまいます。

 

男時にいた世阿弥に、女時がやってくるのです。

しかし世阿弥はそこでどうにもならないことに逆らわずに、できることをやる時間へと変えていったのでした。「能を書くことこの道のいのちなり」、とまで言った世阿弥は佐渡に流されたあとにも、書を書く時間として過ごしたそうです。そして今、佐渡は日本有数の能の島となっています。

今年の運勢や、今月の運勢などを読んで、良い時期と書かれていると嬉しいもの。良い調子で過ごしたいのに、低迷する時期、などと書かれていたらがっかりするかもしれません。

けれども、自然の摂理が力なき因果であるならば、かならずその効能はのちに人生に反映されるはずではないでしょうか。男時も、女時も、気質が相反するだけで、運勢が巡っていく為に「同じだけ価値のある時間」なのだと感じることができると、また違った視点で今を大切に過ごせるのではないでしょうか。

 

かよムーン

 

 


ソウルセラピスト かよムーンの東洋星命術
― 守護龍が教える!2021年2月の占い ―

EC_6doragon_bana_1

守護龍占いを見る

 


かよムーン「moon talk」占いコラム
~ アーカイブ ~

 

「Moon Talk 15」風の時代が到来

「Moon Talk 14」一年の計計は年末詣

「Moon Talk 13」おみくじは神様がくれる良いサイン

「Moon Talk 12」神様がくれる良いサイン

 


プロフィール
かよムーン
(占い師 / ソウルセラピスト)

宣材写真

東洋占星術、西洋占星術、カラーセラピー、人相、声相など相談者の状況に応じてかけ合わせて読むオリジナルの占術を使用。
また、自然の摂理を取り入れた「自然を生きる、自分を生きる」という独自のスピリチュアル哲学に基づいたカウンセリング話法による鑑定が評判を受ける。

20歳ぐらいの頃から、趣味で独学で占いを研究し始める。
誕生日からはじき出される「本来の性質」を知ることで、自分自身の傾向がわかり、関わる相手の傾向がわかる。それだけでももっと円滑なコミュニケーションが取れるのではないか。占星術への探求のスタートはそんな、人間関係のコミュニケーションツールとして役に立つのではないかといった気づきから始まる。

以後、名前を覚えるように、知り合う人の占いにおける性質を暗記。
その蓄積が20年近く経った頃、偶然人前で占いを披露する出来事が起こる。
鑑定は一晩で反響を呼び、その日に毎月の占いイベントの依頼を受けることに。
イベントは満員となり、ラジオ出演、個人鑑定、イベント出演等の活動をしていくうちに、占い師が職業に。

ミュージシャン、タレント、俳優、など、多くの芸能・マスコミ関係者も鑑定。

2019年11月1日より、「アントレスクエア」 https://www.entresquare.com にて、占いコンテンツ連載開始。
2019年12月1日より、集英社「FLAG SHOP」にて、占いコンテンツ連載開始。

まつながかよ公式ホームページ